文字の大きさ

背景色変更

iハートくにとみ 国富町 くにとみちょう

消費者行政に対する町の取組みについて

消費者を取り巻く課題について

1 現在の状況

宮崎県内では、「振り込め詐欺」など特殊詐欺被害が急増しています。
一件あたりの平均被害額が高額化し、平成26年6月末の県内の被害届を受理した事件の被害総額は 約2億1,344万円で、過去最悪のペースになっています。

報道や注意がされているのにも関わらず、なぜ被害はなくならないのでしょう?
「本当だったらどうしよう」という心配や期待が、振り込め詐欺がなくならない原因ではないでしょうか。
たとえば、オレオレ詐欺の被害者の8割はその存在を知っていて、かつ自分はひっかからないと考えていたといいます。

被害者は高齢の方に多くみられます。
これまで一生懸命貯めてきたお金を、相手を心配する心や、老後に対する不安な気持ちを利用して奪われる悔しさや悲しさは、どれほどのものでしょう。

電話口で相手を間違えた経験はありませんか?
振り込め詐欺は、電話の相手をすっかり信じこんでしまい、他の人の意見を聞けない(聞く必要のない)状態にするのが特徴です。

手口は非常に巧妙になっています。あなたも被害に遭う可能性があります。
いざというときのために、家族や周りの人と話し合ってみましょう。

2 今後の方針について

 本町では、安心・安全な暮しを実現するために、国の消費者行政活性化基金を活用し、振り込め詐欺等の犯罪被害の防止に取り組んでまいりました。今後も将来にわたって、消費者行政を維持・強化していきます。

 具体的には、各担当課や関係機関との連携を深め、消費者トラブルに関する相談のより一層の充実や啓発活動を推進するとともに、高齢者を狙った悪質な販売業者や詐欺に関する情報を継続して発信していきます。

 なお、不審に思われる電話等があった場合には、その場で判断をせずに、相手方の氏名や連絡先を確認するなどの対応をお願いいたします。

 国富町長 中別府 尚文       

お問い合わせはこちら
社会教育課
TEL: 0985-75-2361
メールアドレス: syakai@town.kunitomi.miyazaki.jp