文字の大きさ

背景色変更

iハートくにとみ 国富町 くにとみちょう

水道管の凍結について

水道管の凍結について

 12月から2月にかけての数ヶ月、または気温の低い冬場に水道管が凍結したり破裂する事故が数多く発生しています。

 特に、冬場に長期間家を不在にする場合や、気温がマイナス4度以下になる場合は注意が必要です。

 宅内の水道管が破損した場合、修理費用は個人負担となりますので凍結対策をしっかりと行いましょう。

 特に事故が多いのは以下のような場所です。

・水道管が露出(むき出し)している場所

・屋外にある蛇口、または給湯器

・家の北側にあり、陽の当たらない場所にある水道管

・風当たりの強い場所にある水道管

※凍結等が原因による水道管の破裂に伴う漏水については、減免の対象となりませんので、注意してください。

一般家庭でできる凍結防止について

・保温材や毛布、布切れ等で蛇口の上まで完全に包みます。

・メータボックスの中に使い古しの毛布や布切れ、発砲スチロール等を入れて保温します。

長期間家を不在にする場合、または長期間水道を使用しない場合

 長期間家を不在にする場合、または長期間水道を使用しない場合には、水道管の凍結や破裂が起こると漏水被害が拡大するほか、水道使用料も増え減免対象外となりますので、上下水道課へご使用中止の届出をお願いします。

水道管が凍ってしまった場合

 蛇口が凍ったときは、自然に溶けるのを待つか、凍ってしまった部分にタオル等を被せて、ゆっくりとぬるま湯をかけてください。

※熱湯は絶対かけないでください。

 急に熱湯をかけると管や蛇口等が変形・破裂したりすることがあります。

水道管が破裂してしまった場合

 水道管が破裂してしまった場合には、速やかに国富町指定給水装置工事事業者に修理を依頼されるか、または上下水道課(75-3653)までご連絡ください。

お問い合わせはこちら
上下水道課
TEL: 0985-75-3653